保育目標②

表現しきれる体力、気力を育てる。

御南保育園では、四季を通して低年齢児からの戸外遊びの時間を設け、しっかりと積み上げていきます。

立ち上がることだって遊びになります。歩くことだって遊びになります。そして朝の体操やランニング、かけっこ、ドッジボール、鬼ごっこ、鉄棒、縄跳び、プール、一輪車、広い室内を利用してのボール遊びやサーキット等々、粘り強く、最後まで諦めず、目標やあこがれに向かって自分なりにがんばる子どもたちの姿のなかには、生きていこうとするエネルギーが満ちあふれています。

 

※体操教室は岡山大学教育学部助教の後藤大輔先生に指導を仰ぎ、また、水泳については日本体育協会公認水泳指導員、岡山県水泳連盟公認水泳指導員の資格を持つ園長と保育士が、3歳児から5歳児までの発達に沿った「遊びを通しての水泳プログラム」を作成し、中心となって指導に当たっています。

好きな遊び、興味のある遊びを仲間と一緒に思いっきり楽しむこと! それが子ども時代に一番大切なことだと思いませんか?